憧れのミニスカポリスのコスプレソープで性欲を満たす

サイトマップ

女性のイラスト

コスプレのソープで遊んでみる

谷九の風俗で常連になることができれば、かなりお得なサービスを提供してもらえることがあります。お気に入りの女の子を見つけて何度も指名してあげることが必要なので、そういったことを意識して利用していくようにしましょう。



これまではデリヘルで遊んだことが何度かありました。それくらいでソープについては遊んだ経験がなかったのです。しかし、1年間独り身だったことで、たまには女性とエッチがしたいと思い、ソープで遊ぶことにしました。そこでただエッチをするだけではつまらないと考えました。
何か特徴を持ったお店はないだろうかと探してみると、気になったのがコスプレのソープです。まずコスプレの風俗を利用したことはありません。実は私には女性にしていただきたい服装があったのです。それはミニスカポリス風です。ミニスカポリスは、私にとって憧れていた部分がありました。
無事ミニスカポリスのコスプレソープを発見し、店頭にてミニスカポリスの服装ということで受付しました。そしてミニスカポリスの嬢に会ったのですが、やはり良いものでした。本当にミニスカでパンストも履いていたので、まさに夢が叶った瞬間でした。また、もちろんソープでのプレイについても満足することができました。あまりの興奮に大変久し振りに1日に2回も発射したのがその証拠です。
まだ恋人ができる気は全くしませんので、しばらくはコスプレのソープで性欲を満たしたいと思っています。今度は王道のセーラー服のコスプレをしていただきたいと思っています。

風俗初体験は超刺激的でした…!

私が風俗に初めて行ったのは、ちょうど15年ほど前。
通っていた大学の先輩に誘われて、ドキドキしながらついて行ったのを覚えています。
当時夜の街、繁華街に慣れていなくて、歩くだけで緊張していました。
私はもともと秋田の田舎出身だったので、飲み歩くような繁華街を経験したことがありませんでした。
大学の同期は、背伸び従って風俗店によく出入りしてましたが私は今ひとつ勇気が持てず、ためらっていました。
しかし大学の同じ寮の先輩が、たまたまパチンコで大勝して、寮の中の良い仲間や後輩を集めて風俗を奢ってくれたのです。
今まで自分のお金では…と思っていた私も人の奢りであれば全然いいや!と思いその先輩の後に上一緒に付いて行ったのです。
初めて行ったのは、人妻系のファッションヘルス。
なぜ人妻系を選んだかと言うと、相手が年上でベテランの方が安心して委ねられると思ったからです。
しかし出てきたのは20代前半の女性。
これには驚きました。
しかも風俗店で働いている女の子にしてはとてもレベルが高く美人でした。
その女の子は若いながらも風俗歴が長くベテランだったため、不慣れな私を優しくリードしてくれました。
その時の優しい手コキ、フェラの舌使いは未だに忘れることができません。
最後はお口にフィニッシュ。
大満足でした。
こうして初風俗体験が良い思い出だった為、その後も風俗に通い続けることになったのです。
ちなみに今月ももう2回、ファッションヘルスとメンズエステに行ってしまいました。
やはり風俗は最高です。

私なりの大阪、谷九の風俗の楽しみ方

日本全国に風俗店はたくさんあります。
私もたまに行くのですが、やはり1番良いのは北海道。
すすきのの風俗店が1番いいと思います。
私は仕事柄転勤族で、各地主要都市に住んでいたことがあるので様々な土地の風俗店を経験しました。
中でも東京、大阪あたりは非常に店舗数も多く様々なタイプのお店があり、当たり外れはありますがトータルしてまあまあ楽しませてもらいました。
しかしあまりお店がありすぎると逆に目移りして、どこに行ったら良いか分からなくなるものです。
そんな時少し田舎の方が、ここに行こう!と、お店を絞れるので非常に楽なのです。
なので福岡に住んでいた時と、札幌に住んでいた時が1番風俗で楽しませてもらいました。
中でも札幌はススキノ、個人的にここが1番ツボでした。
何故かと言うと、値段の安いということ、そして値段の割に女の子の質が非常に高いということです。
東京で同じレベルの女の子を指名したとしたら、おそらく1万~2万円高くつくはずです。
同じ風俗店で、同じようなプレイをするのにここまで値段の差があると、もう東京で風俗に行こうという気持ちがなくなってしまいます。
しかも北海道の女の子はおっとりしていて物腰も柔らかいイメージがあります。
包み込んでくれるような優しさがあります。
もちろんハズレもありますが、私はすすきの大好きです。
来月も出張で北海道に行くので、その時は思いっきり楽しもうと思っていますよ。

東京の錦糸町で風俗遊びをするなら錦糸町で人気の風俗店「LOVERS」をお試しになってみてください。

Contents